投資信託/インデックスファンド【資産運用情報ブログ】のページを説明

スポンサードリンク
最新の記事

投資信託とは


低金利時代と言われ数年経ちますが、人々の資産運用への関心は高まってきているのではないでしょうか。

投資信託に興味を持っている人も意外と多いのではないでしょうか。

そこで、投資信託という言葉は知っているけれども、実際にはどういうものかあまりわからないという方のために、投資信託について少し説明したいと思います。

投資信託というのは、投資家が投資したお金を一つの資金としてまとめて、そのまとまった資金を運用のプロの人が債券や株式で運用をしています。

そして、その運用の結果に応じて収益を投資家に分配するという金融商品になります。

収益の増減については運用次第と言うことになりますが、うまくいけばそれなりに配当は高く戻ってきます。

ただし、うまくいかなければ元本割れを起こすという場合もあります。

元本割れを起こしてしまったからと言って運用した人を攻めるのはダメで、あくまでも自己責任において投資をしなければなりません。

投資信託のことを預貯金などと同様に考えている方もいらっしゃるかと思いますが、ここで投資信託と預貯金の違いについて説明してみたいと思います。

まず、投資信託は預貯金のように元本が保証されていません。
ですので、運用次第では元本割れを起こす可能性があります。

ただ、預貯金は利息によってある一定の金額が増えるだけですが、投資信託は運用成績次第ではかなりの収益に増える可能性があります。

運用で得られた収益は均等に投資家に分配されます。

また、投資信託を購入・売却する際には、一定の手数料がかかります。



スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。