東京証券取引所〜市場別の指数

東京証券取引所〜市場別の指数のページを説明

スポンサードリンク
最新の記事

東京証券取引所〜市場別の指数

[東証株価指数] ブログ村キーワード

投資信託/インデックスファンド【資産運用情報ブログ】

東京証券取引所が算出、公表している指数で有名なのは、「TOPIX(東証株価指数)」ですが、それ以外にも多くの市場別の指数があります。

ということで、東京証券取引所(東証)のいろいろな指数について見ていきたいと思います。

<東証第二部株価指数>
東証市場第二部上場の内国普通株式全銘柄が対象の、時価総額加重型の株価指数です。
1968年1月4日(基準日)の時価総額を100ポイントとして、現在の時価総額がどの程度かを表しています。

<東証マザーズ指数>
新興企業向けに東証が開設しているマザーズ市場に上場する内国普通株式全銘柄を対象とした、時価総額加重型の株価指数です。
2003年9月12日(基準日)の時価総額を1,000ポイントとして、現在の時価総額がどの程度かを表します。

<東証REIT指数>
東証市場に上場するREIT(不動産投資信託)の全銘柄を対象にした時価総額加重型の株価指数です。
基準日の2003年3月31日の時価総額を1,000として、現在の時価総額がどの程度かを表します。

<旧東証株価指数>
TOPIXは2005年10月末から3段階に分けて、浮動株反映を行いました。
TOPIXのこれまで果たしてきた統計的役割を考慮し、2005年10月末から浮動株を考慮しない従来型指数を、旧東証株価指数として算出公表を行っています。


また、資産運用の高度化等に伴い、株価指数に対するニーズも多様化しています。
従来からの東京証券取引所が算出する株価指数に加えて、特定の利用者のニーズに応じた株価指数(=カスタム指数)に対する関心が高まってきています。
このため、東京証券取引所では、そのような個別のニーズに対応するためのカスタム指数も提供しています。

東証の指数をベンチマークにしているインデックスファンドは多数あります。
インデックスファンドを購入する際には、どのような指数が使われているのか、事前にしっかりと調べておくようにしましょう。


■もっと投資信託情報を見る >> にほんブログ村 投資信託



スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。