中国の代表的な指数

中国の代表的な指数のページを説明

スポンサードリンク
最新の記事

中国の代表的な指数

[中国株] ブログ村キーワード

投資信託/インデックスファンド【資産運用情報ブログ】


今回は、中国の指数について、いくつか見ていきたいと思います。

中国本土においては、上海証券取引所・深セン証券取引所が指数を提供しています。

上海総合指数、上証(シャンショウ)50指数、上海A株指数・B株指数、深センA株指数・B株指数があります。

上証50指数は上海証券取引所上場のA株の規模・流動性の高い50銘柄で構成されています。
また、中国国内投資家向けがA株、外国人投資家向けがB株です。

これらの指数に連動したインデックスファンドとしては、野村アセットマネジメントの上海株式指数・上証50連動型上場投資信託などがあります。


次に、香港株式市場では、HSI(ハンセンインデックス)サービス社の提供する、ハンセン指数(ハンセン33)、レッドチップ指数やH株指数などがあります。

ハンセン指数は、香港株式市場に上場している主要33銘柄で構成されている代表的な株価指数になります。
ハンセン指数の時価総額は、香港株式市場の約70%を占めています。

また、ハンセン指数には、サブ・インデックスとして「ハンセン・香港指数」と「ハンセン・メインランド指数」があります。
さらに、ハンセン・メインランド指数は、「レッドチップ指数」と「H株指数」に大きく分けられます。

レッドチップというのは、中国本土において登記されてはいないが、実態は中国本土資本だとみなされる会社のことを指します。
その中から選定された28社を対象とした指数が、レッドチップ指数です。

H株指数は、香港株式市場に上場している中国本土登記株式から選定された38社が対象の指数になります。

このように、中国にもいろいろな指数があります。
インデックスファンドを選ぶ際には、どのような指数をベンチマークにしているのかを、しっかりと確認するようにしましょう。


■もっと投資信託情報を探す >> にほんブログ村 投資信託




スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。