世界の株価指数 (1)

世界の株価指数 (1)のページを説明

スポンサードリンク
最新の記事

世界の株価指数 (1)

[株価指数] ブログ村キーワード


投資信託/インデックスファンド【資産運用情報ブログ】


今回は、世界の株価指数について、いくつか紹介したいと思います。

世界の株価指数は、海外のインデックスファンドを選ぶ際の重要な指標となります。


<ニューヨークダウ平均(NYダウ平均)>

ダウ平均については、今更説明の必要もないかもしれませんが、一応参考までにどうぞ。

ダウ平均は、100年以上も前からアメリカで用いられている歴史のある、アメリカの株式市場を代表する株価指数です。

1896年にダウ・ジョーンズ社が12銘柄を採用して平均株価を発表しました。
1928年より30銘柄となり、株価の連続性を持たせ、修正平均株価となっています。

ニューヨーク証券取引所やNASDAQに上場をしている世界的な優良企業銘柄が採用されています。
市場の動向を知る基礎資料として信頼の厚い指数です。
ダウ工業株30種とも呼ばれています。


<ナスダック(NASDAQ)総合指数>

こちらもおなじみの指数ですね。

ナスダック(NASDAQ)で取引されているすべての銘柄を網羅した指数となります。

ハイテク株やIT関連の株式の割合が多く、その業績の動向がわかりやすいと言われます。


<FTSE100>

FTSE100は、イギリスのフィナンシャル・タイムズ社(FT社)とロンドン証券取引所との合弁会社、FTSEが公表している株価指数です。

ロンドン証券取引所に上場している、時価総額の最も大きい100社が対象とされています。

イギリスの株式市場を代表する指標として、利用されています。


<MSCIコクサイ>

モルガンスタンレー社が開発・発表している株価指数で、日本を除いた先進国22カ国が対象となっています。

外国株式に分散投資するタイプの投資信託の多くは、この指数をベンチマークとして利用しています。

MSCIコクサイに連動したインデックスファンドとしては、ドイチェ・アセット・マネジメントのドイチェ世界株式F(インデックス連動)A及び、B などがあります。



■もっと投資信託情報を探す >> にほんブログ村 投資信託




スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。