投資信託の手数料に関する用語

投資信託の手数料に関する用語のページを説明

スポンサードリンク
最新の記事

投資信託の手数料に関する用語

投資信託/インデックスファンド【資産運用情報ブログ】


今回は、インデックスファンドなどの投資信託について、手数料に関する用語をいくつか紹介していこうと思います。


■販売手数料

投資信託を購入する際に、販売会社へ支払う手数料です。
ファンドによって料率が異なりますが、基準価額の1〜3%前後が一般的です。


■ノーロード

販売手数料のかからないファンドのことです。
同じファンドの場合でも、販売会社によってノーロードの場合と販売手数料がかかる場合があります。


■信託報酬

投資信託を購入した際に、ファンドの運用や資金管理、申込みの手続きなどにかかる費用に対して、購入者が間接的に負担するコストのことです。

ファンドによって、その費用の負担割合(純資産総額に対する年率)が決まっており、信託財産の中からに日々自動的に差し引かれます。

基準価額は、すでに差し引かれた後の価格になります。
販売会社や運用会社、受託銀行の三者が受け取ります。


■信託財産保留額

投資信託を解約する際の手数料です。

解約があると組み入れている株式や債券などを売却して現金を用意することになりますが、その売却手数料などを残された投資家が負担するのは不公平になるので、解約者の負担となります。

手数料率はファンドによりって異なりますが、手数料のかからないファンドもあります。


■為替手数料

円を外貨に交換するとき、または外貨を円に交換するときに必要な手数料です。

取扱い金融機関や通貨によって異なります。

円から外貨に交換する場合には片道(1回分)の手数料が、さらに外貨から円に戻す場合には往復(2回分)の手数料が必要になります。



インデックスファンドをはじめ投資信託を選ぶ際には、手数料がどの程度かかるのかということも重要になりますので、きちんと確認したうえで、選択するようにしてください。



■もっと投資信託情報を探す >> にほんブログ村 投資信託




スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。