DCファンド(確定拠出年金向けファンド)

DCファンド(確定拠出年金向けファンド)のページを説明

スポンサードリンク
最新の記事

DCファンド(確定拠出年金向けファンド)


投資信託/インデックスファンド【資産運用情報ブログ】


「DCファンド」というのは、確定拠出年金(DC)向けに設定されたファンドのことです。

確定拠出年金とは、平成13年10月に実施された新年金制度で、「日本版401kプラン」とも呼ばれています。


既存の年金制度というのは、一定の利回りが保証されており、実際の運用実績にかかわりなく、将来受け取る年金額が確定している確定給付型です。

一方、確定拠出年金は、確定給付型と異なり、運用商品の選択は年金加入者個人の責任において行われ、商品の選択、タイミングになどによって大きく左右され、将来の年金額は加入期間の運用実績によって増減します。

また、加入者個人ごとに積立金の管理や運用が行われるので、転職などの際には、年金勘定を転職先に移換することができます。


メリットとしては、自分自身で運用先を指定でき、資産残高の把握が容易であることで、デメリットは、運用リスクを伴うので将来の給付額が確定せず、老後の生活設計が立てにくいことでしょう。


確定拠出年金は、企業型年金と個人型年金から成ります。

加入できるのは、企業の従業員(国民年金第2号被保険者)と自営業者等(国民年金第1号被保険者)になります。

国民年金第3号被保険者(専業主婦等)や公務員などは加入できません。


企業型年金は拠出主体が企業のみ、個人型年金は、国民年金第1号被保険者及び、厚生年金基金・適格退職年金・確定拠出年金企業型などが勤務先にない企業の従業員が対象となります。


運用対象商品は、元本確保型商品を含めて、リスクとリターンが異なる3つ以上の商品が提示されます。

元本確保型の商品としては、定期預金や積立生命保険、運用商品としては、公社債投資信託や株式投資信託、外国の公社債などがあります。


また、DCファンドの中には、インデックスファンドもあります。

DCファンドであるインデックスファンドとしては、三菱UFJ投信のインデックスファンド225や、中央三井アセットマネジメントの中央三井 DC外国株式インデックスファンドLなどが設定されています。



■もっと投資信託情報を探す >> にほんブログ村 投資信託






スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。