投資信託情報

投資信託情報のページを説明

スポンサードリンク
最新の記事

■野村アセットの「通貨選択型の米ハイ・イールド債投信シリーズ」第2弾

投資信託/インデックスファンド【資産運用情報ブログ】


野村アセットマネジメントは、米高利回り債に投資する「野村新米国ハイ・イールド債券投信(通貨選択型)」シリーズ計11本を5月27日に設定するとのこと。

同社が今年1月に設定し、当初設定段階で計約1300億円を集めた「野村米国ハイ・イールド債券投信(通貨選択型)」シリーズの第2弾となる。


1月に設定された「米国ハイ・イールド債券投信」は、シリーズ全体の残高が既に4500億円規模となっており、今月1日に野村アセットマネジメントは「投資対象市場の流動性などを勘案した結果、運用資産の適正範囲を維持するため、5月14日以降の購入申込受付を一旦停止することを決めた」と発表。


今回の新米国ハイ・イールド債券投信シリーズは、第1弾シリーズと同じく、米ドル建ての高利回り事業債に実質的に投資し、高水準のインカムゲインの確保と中長期的な信託財産の成長を目指すというもの。

投資する外国投資信託における為替ヘッジ手法の異なる5本のコース(円コース、豪ドルコース、ブラジルレアルコース、南アフリカランドコース、トルコリラコース)および「マネープールファンド(年2回決算型)」で構成するスイッチング可能なファンドシリーズで、マネープールファンドを除く各コースに「毎月分配型」および「年2回決算型」を設定。

米国ハイ・イールド債券投信シリーズは、ダブルB以下の低格付けの高利回り債で運用するほか、トルコリラやブラジルレアルなどの米ドルよりも金利が高い通貨を選択した場合には、金利差も収益に上乗せされるため、高リターンを期待する投資家に人気があるようだ。

毎月分配型を選ぶ場合が多く、通貨別でみるとブラジルレアルコースの人気が高いようだ。

ただし、相場の動向によっては、債券と為替の双方から損失を被るリスクもあるので、購入の際にはそのことをしっかり認識しておく必要がある。

 
■もっと投資信託情報を探す >> にほんブログ村 投資信託

★インデックスファンドがランキング上位に<9月投資信託>

投資信託/インデックスファンド【資産運用情報ブログ】


9月の東京株式市場は、リーマンブラザーズの破たんに始まり、世界的な金融危機への懸念から大きく下落しました。

そのような中、9月に最高位の5つ星にランクアップしたファンドは前月よりも2本多い24本となった模様です。

為替の影響を受けない国内投資型ファンドが上位にランクインしています。



以下 モーニングスターより ↓

◎モーニングスターレーティングが上昇したファンド
(モーニングスター調べ)

順位.ファンド名
   投信会社名/小分類名/
   レーティング/純資産額(百万円)

1.三菱UFJ インデックス225オープン
  三菱UFJ/国内大型グロース/
  ★★★★★/98,350

2.三井住友・グローバル好配当株式オープン
  『愛称 : 世界の豆の木』
  三井住友/国際株式・グローバル(F)/
  ★★★★★/37,275

3.BAM ワールド・ボンド&カレンシー・ファンド
  『愛称 : ウィンドミル』
  ベアリング/国際債券型(F)/
  ★★★★★/33,645

4.MHAM スリーウェイオープン
  みずほ/国内ハイブリッド・安定/
  ★★★★★/28,289

5.ダイワ 好配当日本株投信
  『愛称 : 季節点描』
  大和/国内中型バリュー/
  ★★★★★/20


モーニングスターがレーティング付与対象としている追加型の株式投資信託1509本のうち、9月末の純資産額が10億円以上で、モーニングスターのレーティング(格付け)が前月より上昇したファンドを対象に、レーティングが高く、純資産額が多いファンドをランキングしました。

モーニングスターより ここまで ↑



■もっと投資信託情報を探す >> にほんブログ村 投資信託

岡三アセットマネジメント

投資信託/インデックスファンド【資産運用情報ブログ】

岡三アセットマネジメント

「プレミアム・カレンシー・オープン(1年決算型)<愛称:金利の羅針盤(1年決算型)>」を10月24日に自己設定。

マザーファンドへの投資を通じて、世界の通貨の中で相対的に金利の高い8通貨の現地通貨建て短期債券等に分散投資するもの。


<ファンドの詳細>

設定上限額: 100万円
分   類: 追加型株式投資信託/バランス型
手 数 料: 3.15%(税込み)を上限に販売会社が決める
信託報酬 : 純資産総額に対し年率0.9765%(税込み)
販売会社 : 岡三証券、大石証券


大和証券投資信託委託「ブラジル・ボンド・オープン」を設定。

投資信託/インデックスファンド【資産運用情報ブログ】

大和証券投資信託委託は、「ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型/年2回決算型)」を11月26日に設定。

<ファンドの詳細>

設定上限額:各1000億円
分   類:追加型株式投資信託/バランス型
手 数 料:3.15%(税込み)を上限として販売会社が決定
信託報酬 :純資産総額に対し年率1.407%(税込み)
販売会社 :秋田銀行、関西アーバン銀行、びわこ銀行



スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。